特別講義・現代建築事情

          今年は下記の三人にお願いしました。


 当建築学コースの「現代建築事情」は、建築界の第一線で活躍している本学OB、OGのピックアップメンバーによる特別講義です。受講生には「設計、施工、行政、計画コンサルティング」など建築各界並びに関連業界での最新の話題を提供します。今年度は、下記の三人の方に講師をお願いしました。


<第一回>

日程:平成27年12月18日〜19日

講師:三好定和 先生・・・(株)三省設計事務所 代表取締役

代表作品:「島原港ターミナル」(島原市:島原市まち並景観賞)、「長崎ペンギン水族館」(長崎市:長崎市都市景観賞奨励賞)、「東彼杵町総合会館」(東彼杵町)他


<第2回>

日程:平成27年12月23日〜24日

講師:嶋崎浩樹 先生・・・L.a.e.+AXIOM

代表作品:「S邸店舗兼住宅」(長崎市)、「M邸改修工事」(諫早市)、「 Evolving Tradition シリーズ」(波佐見焼:長崎デザインアワード奨励賞)「 QUINT(環境照明)京都府ものづくりルネサンスコンペティション」入選、「経産省関西デザインマップ」入選


<第3回>

日程:平成27年12月26日

講師:鈴山弘祐 先生・・・ie工房弘祐 代表

代表作品:「七浦葦葺きの家」古民家再生(佐賀市)、「Greenwich Hotelのプール・スパ・バー」(古材利用のプール:俳優ロバートデニーロらが出資するホテル・ニューヨーク)、他



<第一回>三好先生の講義風景と受講生との集合写真:三好先生の作品紹介をして頂いた後に、作品づくりに取り組みました。
























学生の作品を前に三好先生と集合写真を撮りました





<第二回>

二回目は嶋崎先生が担当して頂きました。講義では、学生それぞれが持ち寄った写真等を用いて現代アート風のコラージュを製作したりして、自由に表現する楽しさを学びました。










<第三回>

鈴山先生の講義風景:鈴山先生の作品紹介をして頂いた後に、再生した古民家の室内改修計画をワークショップ形式で取り組みました。