10月7日「長崎くんち」が始まりました

  

「長崎くんち」本番を前にして「庭見せ」(10/3)「人数揃い」(10/4)が行われます。


「人数揃い」:本番さながらのリハーサルを行います・・・おくんち通は、この日に各踊り町に出向き、間近で見物します。


建築学科4年の轟木麻弥さん/花柳流(万才町の「本踊り」で舞を披露します)



くんち最終日(10月9日)                          


10月9日は、お旅所(大波止)をまわり、諏訪神社に向かう・・・「鯱太鼓」(銀屋町)、「弓矢八幡祝い船」(八幡町)、「龍船」(西浜町)






















「お旅所」には諏訪神社の「御神体」が鎮座しており、その前で舞を奉納します  


万才町の「本踊り」(お旅所の前)







「しょもうやれー」(アンコール)のかけ声にこたえて「所望踊・長崎万歳」を披露すると、桟敷席からはスタンディングオベーションが(下の写真)








10月9日、長崎港のお旅所から諏訪神社の桟敷に移動してきた各踊り町  



銀屋町の鯱太鼓(左上)、西浜町の龍船(右上)、五嶋町の蛇踊り(左下)、万才町の本踊り(右下)



ここでも万才町の所望踊「長崎万歳」で盛上がりました・・・轟木さん、よく頑張りました(拍手)