キャリアデザインプログラム(企業人からのメッセージ)

本学建築学科OBの一丸康貴さん(2009年卒業)が登壇

この講義は、本学学生課キャリア班が主催した就職支援の一つで、低学年を対象とし、早い時期に自ら学習目標をたてて様々なテーマに取り組むよう促すプログラムです。講義内容は、学生時代の作品紹介や建築に興味を持ち始めた動機、そして卒業後に携わった作品などの紹介などでした。学生の興味を引く内容で、講義の後も数多くの質問が有りました。

一丸さんは、本学を卒業後2年の実務経験により一級建築士の受験資格を得て、1回で合格しており、学生は試験に合格するまでの取り組み方などについて質問していました。