2014造大祭・・・建築学コース企画

帰ってきたミュージシャン

    11月23日11時30分〜12時/本学体育館前広場(シエスタ)にて


本年度の学園祭は、「シーサイドフェティバル」(従来はシーサイドキャンパスで開催)と「造大祭」(グリーンヒルキャンパスで開催)が合同で開催され、学科で何らかの企画を持ち寄り学園祭を盛り上げようとの趣旨で、各コースで企画を出すことになりました。

建築学コースは、1970年代に「キャンディーズ」、「メジャーセブン」として活躍していた本学音系バンドのOBによる合同セッションを企画しました。「キャンディーズ」は1970年代に開催された九州のバンドが集結する大会(エルモーション:YAMAHA主催コンテスト )で優勝するなど輝かしい経歴があります。「メジャーセブン」もキャンディーズと双璧をなし同時期に活躍したバンドです。両者とも県外のイベントからもオファーが来るほどの人気バンドでした。

当日参加して頂いたOBやゲスト達・・・企画に対応して連絡調整をして頂いた杉原俊彦さん(前列右端、船舶工学科卒・広島県「システムクラウト」の代表取締役)、中村宣広さん(前列右から3番目、機械工学科卒・佐賀県「シーバード中村楽器」社長)、宮崎県から駆けつけて頂いた藤比呂典さん(前列右から2番目、建築学科卒・介護ハウスの施工販売「ふじ建」社長)、現在の現場が長崎県の武谷さん、他にもメジャーセブン2代目の上野さん、同2代目ボーカルの尾ノ上(旧木村)さん、長崎市内でアパマンショップ「ハウジングロビー」を経営する森田耕平(電気工学科卒)さん、同じく市内で美容室(美容室AMAKO)を経営する尼子さんも応援に駆けつけて頂きました。皆さんありがとうございました。また、本学の音系のクラブの皆さんも先輩のために機材の設営・調整に力を貸して頂き、本当にありがとうございました。





彼らが学生時代にファンだった女性達の姿も見受けられ、黄色い声がこだまして学園祭が盛上がりました。

演目はリズム&ブルースで切れの良い楽曲で、聴衆を魅了しました。この建築学コースの企画は医療工学コースの企画(よさこい)とともに学長・学生部長から表彰されました。