建築学海外研修とは

「建築学海外研修」は、海外にある有名建築を自らの目で見ることを目的に、2002年度から建築学科3年の受講科目として開講した科目です。研修に参加する学生と教員が相談して研修先を決定し、教員が1〜2名参加します。訪問先の事前学習と、10日程度の海外での研修、さらに研修後に成果報告(報告書の作成と発表)を行ないます。


                      2002年度(スペイン)

                      2003年度(イタリア)

                      2004年度(フランス,スペイン)

                      2005年度(トルコ)

                      2006年度(スペイン,ポルトガル)

                      2007年度(ドイツ)

                      2008年度(中欧4カ国歴史都市と世紀末建築を訪ねる旅)

                      2009年度(イタリア)

                      2010年度(フランス)

                     2011年度(イタリア,パリ)